畳とシロアリ

こんにちは

トラストアークです。

 

先日、岐阜県揖斐郡でシロアリの被害がありました。

 

和室の畳をはがしてみると・・・

 

 

少しアップにしてみると

なんだか縄か何かが畳をどかした後にあるように見えます。。

 

 

それをさらにアップにしてみると・・

 → 

 

実はこちらはすべて「蟻道」です。

蟻道があるということはシロアリがいるということなのですが、よく見てみるとこの蟻道にシロアリがいました。

そして、床下を見てみると

 

  

 

床下もシロアリの被害が。

 

 

建具にまでシロアリの被害が及んでいました。

 

畳への被害ではパッと見てシロアリの発生がわからない点が怖いところでもあります。

シロアリが畳を食べているということはすでに畳の下の板、床下の木材は大きく加害されている可能性が高いです。

シロアリは畳の表面でなく、中身や裏面のイグサや稲わらを侵食していきます。

そのまま放置しておくと畳だけでなく、家全体の木材や畳も食べつくされてしまうことにもなりかねません。

 

このようにシロアリの被害は畳にも及ぶことがあるので和室がある方は注意が必要です。

ぜひ定期的な点検を大切にして大切なおうちを守っていきましょう。