大切なクルマを守りたい①

こんにちは、トラストアークの事務員です。

 

今回は、トラストアークで施工事例も多く、問い合わせも多い「カーポート」についてご紹介します。

 

カーポートはこの時期、紫外線からおクルマを守りたいという方が多いこと、

また、雨や雪をしのげる目的でお問い合わせが多いです。

支柱に屋根を取り付けた構造のもので、周りは囲われていないのでクルマの出入りも簡単です。

 

 

 

ここから、「カーポート設置」のメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

<カーポート設置の役割>

・クルマへの痛みを防ぐ。

雨や雪による汚れ、鳥のフンなどから車を守ることができます。さらに面倒な洗車回数も減らせます。

 

・乗り降りが楽ちんに

雨の日・雪の日でも傘が必要ないので、人の乗り降りや荷物の積み下ろしに便利です。

 

・紫外線をブロックします!

カーポートがあることで車内の温度が上がりにくく、夏場でもエアコンが効きやすく

車内が冷えるのを待つ前に乗車できます。

 

<カーポート設置のチェックポイント>

1.クルマのサイズを調べる

1台につき横幅は2m50cm、奥行きは5m50cmをとっていただくと比較的余裕をもって停められますが、

一度ご相談ください。

 

2.間口を決める

クルマの回転半径を考えてカーポートの間口に余裕を持たせることが重要です。

 

3.駐車スペースと前面道路の位置関係を考える

間口と合わせて検討が必要です。

 

今年の夏も熱く、紫外線が強いので、皆様の大切なおクルマを守るのに

カーポートをご検討してみてください。