トイレ交換のタイミング

こんにちは、トラストアークの事務員です。

 

毎日の暮らしに必要な「トイレ」。

トイレにも寿命があり、交換時期は大体10年から15年と言われているようです。

ここでは、トイレを交換するタイミングについてお伝え出来たらと思います。

 

<みんながトイレ交換を行うタイミング>

1.便器にヒビが入って交換

2.家の老朽化でリフォームのついでに交換

3.中古物件のリノベーションでトイレも交換

4.節水対策で交換

5.子供が生まれた、介護やバリアフリーのため交換

が主な交換タイミングのようです。

 

 

<この症状が出たら交換のタイミング↓>

便器がひび割れなどの破損をした。

割れた便器をそのままに使用するとけがをしてしまう恐れがあります。

破損をそのままにしていると進行してしまう恐れがあるので早めに修理や交換を!!

 

トイレが詰まる、流れが悪い。

配管にトラブルが起こっている恐れがあります。

放置していると水がトイレからあふれてくることもあるので早めの対処が必要です。

 

トイレから水漏れしている。

パッキンの劣化や便器の破損が原因として考えられます。

放置しているとトイレが使用できなくなったり、カビの発生につながったりと被害が大きくなってしまいます。

 

便器が黄ばんでいる、悪臭や汚れが残る。

便器は使用しているうちに汚れて変色したり、細かい傷がつき、そこに汚れがたまりやすくなったり、

尿石がこびりついてにおいのもとになったりします。

 

 

トイレは毎日を快適に過ごすための大切な場所です。

今お使いのトイレに何か問題があったり、不便さを感じている方はトイレの交換やリフォームも検討してみてください。