お風呂とシロアリ

こんにちは、トラストアークです。

 

今回は、「お風呂とシロアリの関係」についてご紹介いたします。

先日、岐阜県大垣市にて浴室のシロアリ被害があり、施工を行いました。

 

それがこちらです↓

 

柱がシロアリによって食べられてしまっています。

シロアリの被害事例でお風呂場や脱衣所の被害が多いといわれています。

シロアリは湿気の多い場所を好むため、浴室は被害を受けやすいです。

 

もしご自宅のお風呂場や脱衣所の床がふわふわとひずむ場合はその下の木材がシロアリの被害を受けている可能性が高いです。

シロアリは主に木材に被害を及ぼすことが多いですが、木材が高温多湿になっている場合は

さらに注意が必要です。

 

特に気を付けるべきなのは「タイル張りの浴室」です。

タイル張りの下地である防水層に水漏れがあると木材部分に水分がしみこみ適度に柔らかくなるので

シロアリにより狙われやすくなります。

 

 

シロアリ被害を放置しておくと、いつの間にか上記の写真のように木材の内部を食べられてしまい、

柱の内部がほとんど空洞になり、家が倒れてしまうリスクが高まります。

 

このような事態を未然に防ぐためにも、定期的な床下点検を行うことをお勧めいたします。

トラストアークでは無料で床下点検を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。